FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  2015ミュンヘン旅行記ひとり旅  >  ミュンヘン一人旅 観光できる最後の日 ~ アウグスブルク(Augsburg )へ日帰り遠足

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘン中央駅 から アウグスブルク(Augsburg )中央駅 へ ~  40分のドイツ鉄道の旅 | トップページへ戻る | ビアレストランでのおひとり夕食にも慣れてきました ~ ミュンヘンの Alter Wirt Moosach でソーセージ 

このページのトップに戻る

ミュンヘン一人旅 観光できる最後の日 ~ アウグスブルク(Augsburg )へ日帰り遠足

2015年08月20日

2015年4月のミュンヘン一人旅7日目。観光6日目です。
クルミ飴が観光できる最終日で、夜には帰国便に乗ります。

最終日は、ミュンヘンからアウグスブルク(Augsburg )に行く計画を立てていました。
ミュンヘンからアウグスブルクは日帰り可能な距離にあって、ミュンヘン中央駅から、アウグスブルク中央駅まで、一時間もかかりません。
ミュンヘン から東京(羽田) へ帰る飛行機は、21:25発。アウグスブルクに出かけても、余裕で搭乗に間に合います。

アウグスブルク日帰り遠足の前に、ホテルをチェックアウトします。
レトモーテル (LetoMotel) には6泊もしたけど、何の問題も無く過ごせました。お世話になりました。

ミュンヘンで宿泊したホテル ~ レトモーテル (LetoMotel) について
このお部屋で6泊過ごしました

チェックアウトついでに荷物を預けるとき、フロントのお姉さんと
「荷物を預かってもらえますか?」
「もちろんです。何個ですか?」
「6時頃戻ります」
「荷物は何個ですか?」
「2個です」
「0Kこちらにどうぞ」
という噛み合わない会話をしました。
途中で齟齬に気がついたけど、それくらいでは、あわあわしなくなりました。
旅行回数を重ねると、ちょっとの恥には平気になります。

預けた荷物は鍵のかかる部屋に収納してもらえます。
二枚シールをもらって、片方をスーツケースに貼り、片方を手元に持っていました。
荷物受け取りのときは、手元に残したシールを見せます。

3日前、レーゲンスブルク(Regensburg)に出かけたときと同じように、バイエルンチケット(Bayern-Ticket)を利用します。
このときも、自動販売機でバイエルンチケットを購入しました。クレジットカードが使えました。
レーゲンスブルク日帰り旅行 のブログはこちらです → バイエルンチケットの購入 ~ ミュンヘンからレーゲンスブルク日帰り旅行 

バイエルンチケット(Bayern-Ticket)は、2015年4月時点で、大人ひとり利用料金は 23ユーロ。
バイエルン州内の鉄道に乗り放題なので、当然空港にも行けます。
一方、ミュンヘン市内から空港までの Airport-City-Day-Ticket は、12ユーロ。
この差額で、アウグスブルクにお出かけできるなら、バイエルンチケット遠足したほうがお得な感じです。

ミュンヘン一人旅 観光できる最後の日 ~ アウグスブルク(Augsburg )へ日帰り遠足
ホテル最寄のモーサッハ 駅から、ミュンヘン中央駅はSバーンで移動。
ミュンヘン中央駅 から アウグスブルク中央駅へはRBで移動します。
どちらもバイエルンチケットが使えます。




↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。kurumiame
関連記事

ミュンヘン中央駅 から アウグスブルク(Augsburg )中央駅 へ ~  40分のドイツ鉄道の旅 | トップページへ戻る | ビアレストランでのおひとり夕食にも慣れてきました ~ ミュンヘンの Alter Wirt Moosach でソーセージ 

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

クルミ飴

Author:クルミ飴
夫の任ノ丞とのんきな二人暮らしです
旅行の事をのんびり書いています
当ブログに掲載されている情報は、クルミ飴個人の体験です。最新の情報とは限りませんし、万人が同じように感じるわけではありません。特に味覚はひとそれぞれです。
予めご了承下さい kurumiame

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。