トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  2015ミュンヘン旅行記ひとり旅  >  ニンフェンブルク城 (Schloss Nymphenburg) 観光 ~ Vサインの樹と白鳥の香り

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンフェンブルク城の美人ギャラリー ~ 宮殿内部はすいていました | トップページへ戻る | パン屋さんでの朝食と、ニンフェンブルク城への市内バス ~ ドイツですからバスはベンツです

このページのトップに戻る

ニンフェンブルク城 (Schloss Nymphenburg) 観光 ~ Vサインの樹と白鳥の香り

2015年07月24日

2015年4月のミュンヘン一人旅5日目。観光4日目です。
この日のメイン目的は、ニンフェンブルク城です。

ニンフェンブルク城は、バイエルン選帝侯の夏の宮殿です。いまだにヴィッテルスバッハ家の個人所有物なのだとか。数年前までの犬山城みたいですね。

ニンフェンブルク城 (Schloss Nymphenburg)の見学です。
ニンフェンブルク宮殿近くのバス停 「Schloss Nymphenburg」
トラムの駅でもあります。

大抵の個人行動観光客は、ミュンヘン中央駅からトラムに乗って、「Schloss Nymphenburg」駅に来るのかな。

ニンフェンブルク城 (Schloss Nymphenburg)の見学です。
バス通りからみたお城です。
お城が大きくて、距離感狂いますが、結構な距離です。

観光4日目で、疲労がたまってきたところです。
休み休みのんびり見学しようと決めていました。

ニンフェンブルク城 (Schloss Nymphenburg)の見学です。
バスとトラムの通りから、お城に向かう途中にあった樹です。
どうみてもVサインです。
樹が、ピースサインの形になったのは偶然なのでしょうか?

ニンフェンブルク城 (Schloss Nymphenburg)の見学です。
↑ニンフェンブルクのお庭の白鳥さん
写真は一羽だけですが、周辺にもっともっといます。
事前にネットの情報で、白鳥がたくさんいることは知っていて、嬉々として近づいて撮影。
けど、当たり前だけど、鳥くさかったです。
白鳥って、匂いが強いんですね。何羽もいたし、一羽一羽のカラダも大きいから、のんびり眺めていられないくらいの匂いがしました。

宮殿は9時にオープンです。

クルミ飴がニンフェンブルク宮殿前のバス停に着いたのは、8時半を過ぎたころ。
バス・トラムの通りから、のんびり歩いてお城まで歩き、白鳥を撮影したり、自分をセルフタイマーで撮影したりしながら、チケット売り場が開くのを待っていました。

ニンフェンブルク城 (Schloss Nymphenburg)の見学です。

クルミ飴が持っているカバンは、MANHATTAN PASSAGE のショルダーバッグです。
MANHATTAN PASSAGEは、海外旅行におすすめできる、パーフェクトなショルダーバッグです。


↑海外旅行におススメのショルダーバッグMANHATTAN PASSAGE

9時きっかりに、教会の鐘の音が響きました。
右からも左からも、高い音も低い音も、短く長く、いくつも重なって、リンゴンリンゴン。
同時に、宮殿の入り口に係員さんが現れて、時間通りに扉が開きました。
さすがドイツ。

宮殿本館だけのチケットは、2015年4月時点で 6ユーロでした。

クレジットカードは使えませんでした。一定の金額以上ではないと駄目ですと言われたと思います。(うろ覚え)
うまや博物館とかとの共通チケットもあるけど、すべてを見学できる体力がなかったから、本館だけにとどめました。

宮殿に入ったら、休憩する椅子が無いかもしれないと思っていたけど(ウィンザー城 のトラウマ )、結構ぼーーーっと出来る椅子がありました。



↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。kurumiame
関連記事

ニンフェンブルク城の美人ギャラリー ~ 宮殿内部はすいていました | トップページへ戻る | パン屋さんでの朝食と、ニンフェンブルク城への市内バス ~ ドイツですからバスはベンツです

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

クルミ飴

Author:クルミ飴
夫の任ノ丞とのんきな二人暮らしです
旅行の事をのんびり書いています
当ブログに掲載されている情報は、クルミ飴個人の体験です。最新の情報とは限りませんし、万人が同じように感じるわけではありません。特に味覚はひとそれぞれです。
予めご了承下さい kurumiame

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。