トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  2015ミュンヘン旅行記ひとり旅  >  ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)で絵画鑑賞 ~ 

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘンの過剰装飾コテコテでごてごてな教会 ~  日本のガイドブックでは存在の薄いアザム教会 Asam's Church | トップページへ戻る | Alte Pinakothek 内のおススメカフェ The Victorian House - Cafe Klenz ~天井が高くて開放感があります

このページのトップに戻る

ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)で絵画鑑賞 ~ 

2015年06月04日

2015年4月のミュンヘン一人旅日記2日目です。

この日は日曜日。
ミュンヘンの美術館入館料が、激安の1ユーロになるので、美術館を梯子しています。
午前中は、Alte Pinakothek (アルテ・ピナコテーク) ですごし、午後からはお隣のNeue Pinakothek (ノイエ・ピナコテーク)へ向かいました。

Alte Pinakothek (アルテ・ピナコテーク) で絵画鑑賞 ~ 2015年現在改修工事中です
↑Neue Pinakothek (ノイエ・ピナコテーク)。

アルテ・ピナコテーク(Alte Pinakothek) が旧絵画館。
ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek) は新絵画館。印象派の絵画を多く所蔵しています。
一番有名なのは多分フィンセント・ファン・ゴッホの『ひまわり』かな。

受付で1ユーロを払うと、チケットを渡されました。
アルテピナコテークでもらったガチャ玉(の、ようなもの)は?と、聞くと、ノイエでは紙のチケットを持っていてくださいとのこと。

展示室に入る前に、地下に降りて、コインロッカーに荷物を預けました。
コインは使用後に戻ってきます。

展示室の入り口にはスタッフさんがいて、しっかりチケットをチェックされます。
フラッシュを使用しなければ、館内写真撮影OKです。

Alte Pinakothek (アルテ・ピナコテーク) で絵画鑑賞 ~ 2015年現在改修工事中です
最初の展示室に、いきなり、フランソワ・ブーシェ『ポンパドゥール夫人の肖像画』があってびっくりしました。
アルテピナコテークにあるはずの絵なのに、アルテが工事中だから、ノイエにお引越し中なのかな?
こちらのポンパドゥール夫人は、ロンドンのナショナルギャラリーでみた彼女より、軽やかな印象です。
ミュンヘンの青いドレスの彼女のほうが有名でしょうけど、クルミ飴はロンドンのしっとりした夫人も好きです。

Alte Pinakothek (アルテ・ピナコテーク) で絵画鑑賞 ~ 2015年現在改修工事中です
フィンセント・ファン・ゴッホの『ひまわり』
絵の前にある黒い椅子は、ゴッホ好きの人にとって特等席でした。

Alte Pinakothek (アルテ・ピナコテーク) で絵画鑑賞 ~ 2015年現在改修工事中です

ノイエ・ピナコテークは、順番に見学していくと、展示室を移動するごとに少しずつ段差をあがっていて、いつのまにか上階にいるというつくりになっていました。
身体にやさしいのか?優しくないのか?
半分を過ぎるとくだりはじめて、いつのまにか地上階に戻っています。

次は、アザム教会 Asam's Church に向かいます。


↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。kurumiame
関連記事

ミュンヘンの過剰装飾コテコテでごてごてな教会 ~  日本のガイドブックでは存在の薄いアザム教会 Asam's Church | トップページへ戻る | Alte Pinakothek 内のおススメカフェ The Victorian House - Cafe Klenz ~天井が高くて開放感があります

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

クルミ飴

Author:クルミ飴
夫の任ノ丞とのんきな二人暮らしです
旅行の事をのんびり書いています
当ブログに掲載されている情報は、クルミ飴個人の体験です。最新の情報とは限りませんし、万人が同じように感じるわけではありません。特に味覚はひとそれぞれです。
予めご了承下さい kurumiame

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。